役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS 虫だらけ?になる前に!害虫・病気の予防方法

<<   作成日時 : 2007/05/08 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「なんで山にある木はあまり虫が付かないのに、庭木には虫が付くの?」ってたまに質問を受けます。たしかに虫が付きにくいですが、やはり害虫や病気になります。
でも少ないのは、山などで生態系(食物連鎖など)が安定しているのに対して庭に植えつけた木は害虫が付いてもその天敵となる虫あるいは鳥などがいなかったりとバランスが崩れているためです。これは庭木だけでなく畑や果樹も同じです。

■発生には3つの条件 (まずは敵を知ることから)
1.病原菌 
病原菌や害虫が周辺にいなければ発生しません。
病気もある密度以上の感染可能な数が存在しないと発生しません。虫も飛来、または人や動物などが運んで来て存在します。

2.環境条件 
温度、湿度、日照、風通しなどの条件がそろうと増殖、繁殖が可能になります。
病原菌は特に梅雨時期の雨が続いて日当たりが悪く、湿度が高い時期は要注意。
害虫は風通しが悪くて温度のあがりやすい場所好みます。

3.植物の状態
日当たりや温度や土壌が植物に合わなかったり水やりや施肥の管理不足(過剰や不足)だと植物は病気や害虫も付きやすくなります。

■日頃の予防方法
・日頃から庭木をよく見ること、異常にすぐ気が付きます。
・水やりは根だけにやるのではなく、葉にも(葉水)かける。(※特にハダニに有効。ただし夏場の日中にやると、葉に付いた水がレンズの役割をして葉が焼けるので注意。朝か夕方が有効)
・定期的な剪定で通風を良くする。
・日陰でよく育たない植物は植替える。また木と木がくっ付きすぎの場合も。
・排水をよくする。土壌改良
・庭の除草や清掃。草に虫が寄生しています。(ダニ、アブラムシなど)
・発見時にハシでつまむなど捕殺。卵などは枝ごと切落とす。
・木の根元にわらやチップなどのマルチング材で覆う。乾燥防止、防草効果、土壌病害防止などの効果があります。梅雨期前なら効果的。

 ごくたまに、お客さんでうちの木は虫とかいるのかねと聞かれますが・・・
ごくたまに、家に帰るとなんで服に毛虫がついてるの?て怒られます(笑)
私達は剪定作業中に毛虫がいるとすぐ取り除いたりしてるんですよ。
そう言えば前、植木ハサミで葉に隠れた蜂の巣を知らずに切った先輩がいました・・・。
私たち命がけで仕事してます(笑)
皆さんも気をつけて下さいね。
先輩も1回目より2回目の方が辛いって言ってたな
2回もかよ!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
虫だらけ?になる前に!害虫・病気の予防方法 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる