役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS 水不足(空梅雨)での対策

<<   作成日時 : 2007/06/07 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『空梅雨のお庭の対策』

 どうも今年は雨が少ない空梅雨の雰囲気が漂ってきました。
行橋市でも渇水対策本部が設置され、ダムの貯水量も30%をきってしまったのにもかかわらず雨が降る雰囲気ではないようです。
水不足になると一番先に犠牲になりがちなのが、庭木や鉢物などの植物。
そこで、今回は庭の水やりができないとなげく前に水不足対策についてのお話。

■対策1
雨水タンクを設置する。
 ようは、家の雨どいの水をリサイクルするのが目的。(※1)立て樋(トイ)の途中から、ホースなどでタンクに雨水を補給するしろもの。
ホームセンターでも1万円〜5万円ほど売っているので検討されてみるのも良いと思われます。プラスティック製は日光で劣化したりするので、設置場所を日陰にするか、できたらステンレス製のタンクがサビずにが長く使えると思います。

 その他にも、庭木やガーデニング用に使わなくても車の洗車にも使えますし、なにより水道代の節約にもつながるのが嬉しいですよネ!
設置場所は重要なんで何につかうかによって変わってきますので十分考えてからにして下さい。なぜなら圧力が少ないのでホースはあまり長くは伸ばしては使えないので。
もし・・・圧力を求めるならタンクは高い所に置くと良ですが、自分でやると重量制限などの危険がともなうので専門業者に相談してみてください。

 どうしても買うのは、もったいない気がする方は、家にドラム缶があれば、自分で作ることもできます。このときオバーフローといって水がタンクからあふれ出ないように適度な水位でタンクに穴をあけ、ある程度の水位になると外へ流れる仕組みにしましょう。水はホースで雨水の枡(ます)に流すようにして下さいネ。

■対策2
水道を節水こまパッキンにする。
 水道の蛇口部分に取り付けると半開時の流出量を5〜10%程度抑えることができます。ホームセンターでも100円程度で入手できるのでこの機会に検討してみては?。
取り付け方は、蛇口のコック部分をスパナなどで外して取替えます。が機種や場所によってできない場合もありますので、自信がない方は専門業者に相談してみてはどうでしょう。
 ただし、水道を全開にすると意味がないので注意が必要です。

■対策3
これは!離れ技?水路からホンプでくむ。
最後の手段であまりお勧めはしませんし正直、条件も限られますが・・・
家に隣接して水路や川があることと、その水路に水があるか?海の近くで塩水が含まれていると×です。植物が枯れてしまいますので注意が必要です。
水中ポンプでくみ上げると速いですが、難点として電気代もしくは、ガソリン代がかかてしまいます。





(※1)家の壁に垂直してついている管(樋)。ちなみに、屋根に付いてるものは軒樋(のきどい)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
水不足(空梅雨)での対策 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる