役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS 木の名前の由来-サルスベリ

<<   作成日時 : 2007/07/30 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

『木の名前の由来-サルスベリ』

画像樹皮が剥がれやすく、猿が滑ると思うほど、幹肌がなめらかなことに由来しています。
漢字で「猿滑」と表記する場合もありますが漢字表記の場合は百日紅(ヒャクジュッコウ:別名)が使われることが多いようです。

ちなみに、百日紅とは約百日近くも花を咲きつづかせることから(花期が長い)
ことに由来しますが、実際には一度咲いた枝先から再度芽が出てきて 花をつけるため、咲き続けているように見えます。

同じような、名前の付け方をされてる植物も結構ありますね。
ヒャクニチソウ(百日草)、センニチコウ(千日紅)なんか、ひょっとして親戚?って言いたくなりますネ(笑)

他にも中国では、幹を指で掻(か)けば枝葉が動くといい、痒痒樹・拍癢花の称がある。
日本でも同様にサスリノキ、クスグリノキ、コソグリノキ、コチョコチョノキ、ワライギなどの別名もあるようです。

樹皮のの更新様式や感触の似たナツツバキやリョウブをサルスベリと呼ぶ地方もあるとか。

原産地は中国南部で日本には江戸時代に渡来した説が現在有力で、一説によれば鎌倉時代という説もあります。

画像すべすべした幹肌がシャラノキに似ることから、その昔仏縁の花として渡来したとも言われ、寺の境内などに古木、巨木が多くあります。

そのわりに、サルスベリは滑るので縁起の悪い木ともいわれており。
最近の若いお客さんは聞かなくなりましたが、「サルスベリは伐採」してくれとか、「良かったら持ってかえって下さい」なんて言われたすることもあります。
縁起の良い木や悪い木は地方によっても違うので、できたら気になさらず庭木として楽しんでもらいたいです。

あと、管理で注意したいのが、夏場から秋にかけてうどんこ病が発生しやすくなりますので、透かし剪定などで風通しを良くするように注意が必要です。
また、冬季に石灰硫黄合剤を散布することで予防すると、かなり抑制できます。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
木の名前の由来-サルスベリ 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる