役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑を防犯に利用する 庭つくり

<<   作成日時 : 2007/08/23 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

『緑を防犯に利用する』

最近の傾向としては、塀を作らないオープンスタイルの庭が増えてきています。
これは、塀を作らないことにより防犯効果をもたらすのも一つの利点であります。

大きく分けると、
・塀を作らない防犯(オープンスタイル)
  侵入者が塀に隠れるなどできないようにする。
・塀を作る防犯(クローズスタイル)
  侵入者が塀を登るなどしないと進入できないようにする。

中間的なセミクローズドスタイルなどもありますが、↑のように、大きく2つに分かれると思います。

最近の建売住宅なんかは、無理やりオープンスタイルをとってる場合が多い気もしますが・・・
しかし、家が全部見えすぎてしまうのも抵抗がある方も多いのではないかと思います。

「最初はこれで良いと思っていたけど、やっぱり嫌だわ」と言われご相談にこられるお客様もいらっしゃいますので。

侵入者といっても人間だけではなく、野良猫や野良犬などの動物も考えられます
動物が好きな人なら良いのですが、嫌いな人には迷惑な話になりますよね。

逆にも、ワンちゃん達を離して遊ばせる場合なども、オープンスタイルですと道路に飛出したり、人に飛びついたりして危険な場合もあると思います。

それで、後からでも土があれば、植えることができる植栽で侵入者を防ぐことが今回のテーマです。

生垣なども良いのではないでしょうか?
通常はカナメモチ/レッドロビン、マキ、カイズカなどがありますが、葉にトゲのあるヒイラギやヒイラギモクセイなんかも良いでしょう。
生垣でなくとも、ピンポイントで植えることも考られます。

葉でなくとも幹にトゲがあるのもあります。
バラなんか代表的ですが、それ以外にもトゲのある木は多いです。
サンショウ、タラノキ、ハイギリ、カラタチ、ザクロ、ピラカンサ、ボケ、メギなど。

ただ、気をつけて欲しいのは、自分もさわると痛いので、お手入れの時も泣くはめにならないように気を必要最小限にすることです(笑)

緑を使わないやり方で、昔からあるのが砂利を敷き、歩く音で侵入者がわかるといった方法もあります。
特に最近では、より音がでるようにガラス繊維を加工した「防犯砂利」や、おなじみの人が近くに来るとセンサーでライトが点灯する、「センサーライト」などもありますので、こちらも合わせて利用すると、さらに防犯性能が上がります。

あと、剪定など管理を全然怠っている所なんかも防犯的によろしくないと思いますので、定期的なメンテナンスは行って下さいネ!

防犯対策はできることから始めましょう。






東洋エクステリア 照明(セキュリティライト) 防犯スポットライト SSP-2型



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホームセキュリティーとは?
昨今はまことに物騒な世の中となってまいりました。 刺激的なゲームや漫画の横行か、... ...続きを見る
ホームセキュリティー道場
2007/09/03 22:15
女性の被害後を絶たず…帰宅途中に潜む危険と防犯!
通り魔やひったくり、ストーカー…。罪もない女性が突然犯罪に巻き込まれるケースが後を絶たない。先月、名古屋市の路上で会社員の女性が3人組の男に拉致・殺害された事件をはじめ、犯人が狙うのは帰宅途中の夜道だ。毎日通い慣れた路上に潜む危険から身を守るにはどうすればいいのか。防犯のプロに対策を聞いてみた。 ...続きを見る
時事ニュース!ニュースとメディア放談
2007/09/12 08:23
自主機械警備のホームセキュリティ -の長所
セキュリティー会社の運営方針には、大きく分けて二つの種類があります。ひとつは 契... ...続きを見る
ホームセキュリティー道場
2007/10/01 15:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑を防犯に利用する 庭つくり 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる