役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉を楽しむ庭つくり

<<   作成日時 : 2007/10/28 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『紅葉を楽しむ庭つくり』

日本には四季がありますので、これを庭にとりいれない手はありません。
その中でも紅葉が楽しめるというのは、庭にとって大きなポイントではないでしょうか?

いくら、花を咲かせた庭を作っても楽しめる時期は紅葉に比べて限られてしまうからです。
昔の人の知恵で、日本庭園となると、花よりも秋の紅葉を重視しているのはこのためだと思います。

紅葉といっても、イチョウなんかは黄色になるので黄葉(おうよう)といいますが、さらに微妙な色彩を細かく分けることもできます。
例えば、赤茶色のシマサルスベリ、赤銅色のカキノキ、薄黄緑色のアオギリといった具合です。

同色系でまとめることもできますが、異なる色を混ぜるとより自然の山に近ずいた感じになり立体感がでてきますので紅葉や黄葉を混ぜるのがポイントです。

あと、紅葉のバックも大事でモミジの赤が目立つように常緑の木をもってくると一層ひきたちます。
京都なんかもバックに竹林があったりするのもこのためですが、一般家庭では限界も出てくるので、常緑樹がベストでしょう。
後で話しますが、日が当り過ぎるのも問題になるし、冬は葉が落ちて寂しくなるのを防ぐこともできます。

とはいっても、今回の企画は紅葉するのが前提なんですけど・・・
こういた声も聞かれます。↓
「山で綺麗だったモミジを持って帰り、庭に植えたら紅葉しない?」
「うちのモミジは紅葉したことがないのですが」
このように環境というのが一番大事になってきます。

■紅葉によくない環境
1.日があたりすぎると葉が乾燥する。
温度差が大事なので、寒暖の差もできにくいため。夜間照明もよくない。
2.風が強い
 風が強すぎる場所は葉も飛びやすく、乾燥もしやすい。
3.土壌が乾燥しやすい。(土壌水分が多すぎてもだめ)
 土壌に水分がないと紅葉しない、山でも谷から紅葉するのはこのため。

■紅葉を楽しめる木
赤系
イロハモミジ、ヤマモミジ、ナナカマド、ナンキンハゼ、ニシキギ、ハゼノキ、ハナミズキ、メグスリノキ、カキノキ

黄系
イタヤカエデ、イチョウ、カツラ、マンサク、ドロノキ

赤茶系
シマサルスベリ、メタセコイア、カラマツ










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉を楽しむ庭つくり 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる