役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS 木の名前の由来 ブルーベリー(Blueberry)

<<   作成日時 : 2008/03/31 14:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

『木の名前の由来 ブルーベリー(Blueberry) 』
ツツジ科スノキ属 科属


一昔前、テレビで目に良いと紹介され、急に人気が高まったブルーベリー。
果実は目の疲れに効果があるといわれ、目を酷使する現代人にピッタリのはずです。

この話の元は、第2次世界大戦中にイギリス空軍のパイロットであるジョン・カニンガムが、ブルーベリージャムを毎日食べていたことから。
夜間飛行、明け方の攻撃で「薄明かりの中でも物がはっきり見えた」と証言したのが始まります。

その後、イタリアやフランスの学者が研究した結果、野生種のブルーベリーのアントシアニン色素が、人間の眼の働きをよくする効能があることがわかったためですが、この話もギリス軍が高性能レーダーの存在を隠蔽するために流した嘘であるという説もある。

なんでもそうですが、普通に食べれば問題ないようですが、食べすぎないようにしましょう。
画像

ブルーベリーは健康面での人気もありますが、植木としてもカーデニング・ブームにのったのでしょう。

5月〜6月に白い壷形の可愛らし花を咲かせ、7月〜8月には甘酸っぱい青紫色の実がなり芳香もあり食べられる。
使い方はジャムや菓子材料やジュース、果樹酒とさまざまに利用できます。

元々がツツジ科の植物ですので、秋には10月の中旬から遅いものでは12月から年明けまで、紅葉を楽しめるとうことで大変人気があります。

ブルーベリーの原産地は北アメリカ東部でインディアンが古くから食用とされてきたが、20世紀に入り果樹としての品種改良が進み、ハイブッシュ系、ラビットアイ系、ローブッシュ系のほか近縁種であるビルベリー等の交配により多くの品種ができ、現在その数300種類以上といわれています。

日本では1968年より東京都小平市で経済栽培が始まり、長野県・群馬県・新潟県・山梨県・埼玉県など栽培に適した高冷地を中心に各県で生産されるようになった。

クロマネノキやコケモモなどは、日本にも野生しているブルーベリーの仲間で、昔は軽井沢や浅間山麓などで野生するブルーベリーから生る実を採取して販売されていましたが、今は禁止されているとか。

名前の由来は、英名のBlue Blueberryに由来します。
意味は果実が濃い青紫色に熟すことからブルーベリー(Blueberry)と呼ばれる。

ブルーベリーというのも総称であり、北アメリカ原産のスノキ属数種を本来しめす名前。
だから園芸店に行けば、ブルベリー/ティフブルーなどと書かれているはず。
ちなみに、あまり聞かないですが日本での別名はムマスノキといいます。

ブルーベリー(Blueberry)品種










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木の名前の由来 ブルーベリー(Blueberry) 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる