役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS オリーブと神話〜平和 -木の名前の由来

<<   作成日時 : 2008/06/24 21:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

オリーブと神話〜平和 -木の名前の由来

「ポパイ助けて〜!」
オリーブといえば、子供の頃にTVで見た外国アニメの「ポパイ」を思いだします。

主人公ポパイは船乗りで、恋人のオリーブをめぐり悪者ブルートと争います。
ホウレン草を食べると元気100倍!悪者ブルートをぶっ飛ばし恋人のオリーブとハッピーエンドというストーリー。
このアニメ「ポパイ」ではオリーブはまさに平和の象徴や勝利のシンボルとして描かれている。
もちろんポパイだけでなく、その話をするには神話へさかのぼらなくてはいけないかもしれない。

神話の中でも最古の記述(紀元前12世紀)とされるエジプト神話では、古代エジプト王ラムセス三世がお供え物としてオリーブ畑を太陽神ラー【※1】に捧げ「オリーブの木からな油をしぼり、太陽神ラー様の神殿の灯火を燃やし続けるでしょう」という感じに記されているようです。
また、絶大な神であるオリシスの妻イシス【※2】がオリーブの栽培と利用を教えたと伝わる。

オリーブの木が平和の象徴や勝利のシンボルにされたのは古代からこの木が地中海沿岸地方に愛されてきたからでしょう。
この地は聖地エルサレムを中心に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教が集中・共存し共通してオリーブオイルを「聖なる油」として扱います。

現代の宗教も古代神話の影響を深くうけているものと考えると。
オリーブが密接にかかわってくるから面白い。

それでは神話のお話からなぜオリーブが平和の象徴とされるのか?についてのお話です。

■ギリシア神話
ギリシャ神話は、星座が好きな人はたまりませんよね。
その昔、ギリシャのアッティケ町に名前を与える栄誉を賭けて海の神ポセイドン【※3】と知性の女神アテネ【※4】が対立。
どちらが利用価値の高い発明をしたかによってその栄誉を認めることにしました。
海の神ポセイドンは、光輝く馬を持ってきて「その馬は美しく、速く、重戦車を引く能力があり、戦いに勝つことができます」
一方、知性の女神アテネは、オリーブを創り、「オリーブは夜に灯をともすための炎を与え、痛手を和らげ、芳香が強く、そしてエネルギー源としての貴重な食料となります。」
人々は、オリーブが人類にとって大きな利用価値があると判断し、オリーブを造り出したアテネは勝利者となりました。
ギリシア人は女神アテネから名をとりアテネの町を築きアテネを守護神として祀った。
もちろんアテネは、現代でもギリシャの首都として機能しているのは、皆さんもご存知の通り。

ギリシャといえばオリンピック発祥の地として有名ですが、古代オリンピックでは勝者に授けられる冠にクレヌ島(ギリシャ)オリーブの冠が使われたそうです。
そうえば、アテネ・オリンピックも記憶にありますね。

■旧約聖書
創世記において、「ノアの箱舟の伝説」は話は知らなくても聞いたことがあると思います。
神が起こした大洪水のあと、ノアが外の様子を知るために箱舟から放ったハトがオリーブの枝をくわえて帰ってきた。
これにより洪水が引いた証で、ノアは地上に平和が戻ったことを知った。
オリーブとハトとが共に平和の象徴とされるゆえんです。

オリーブが国連憲章のシンボルにもされ、国際連合旗や、幾つかの国の国旗や国章にも使われているのがわかるような気がします。

■一ドル紙幣に込められた「平和」
日本でのオリーブと関係する神話は直接ないのですが、原爆ドームなど平和のシンボルとされるものはあります。

原爆を投下したアメリカの1ドル紙幣にはオリーブが描かれています。
1ドル紙幣に描かれるワシの右脚には、平和を象徴するオリーブの木、左脚には軍事を意味する矢があります。
ワシの視線はオリーブに向けられていますが、当初はよそを向いていたらしく、原爆投下を決定したトルーマン大統領の意思により、ワシの視線がオリーブの木の方向に変えられたそうです。


今日の用語集

【※1】ラー Ra
古代エジプトの太陽神。
エジプト第五王朝以後最高神となり、世界秩序の主とされた、頭部が日輪をいただく鷹の姿をしている。
デーべの守護神アモンと同化してアモン・ラーと呼ばれ広く崇拝された。

【※2】イシス Isis
古代エジプトで最も広く信仰された女神。
オリシスの妹でその妻。
ホルスの母。死せるオシリスを復活させ、孤児ホルスを養育して父の仇をうたせる。

【※3】ポセイドン
ギリシャ神話の海の主神。また、大地・泉・地震・馬の神。
最高神ゼウスの兄弟。
常に三叉のホコを持ち、青銅のひずめと黄金のたてがみをもつ馬が引く戦車に乗り、海の怪物を従えて海原を走る。

【※4】アテネ(アテナ、メネルヴァ)
ギリシャ神話の代表的な女神。
知恵、戦争、学芸、工芸をつかさどる処女神。
アテネの守護神で、アクロポリスのパルレノン神殿にまつられる。
父ゼウスが自分の妻メティスを飲み込んでしまったため、アテネはゼウスの額から武装したまま生まれた。
戦時には勝利の女神ニケを従えて軍を率い、英雄を導き助けて活躍するが、平和時には技芸を人びとに教える。聖鳥はフクロウ。

オリーブ -木の名前の由来
オリーブ 品種 -木の名前の由来



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリーブと神話〜平和 -木の名前の由来 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる