役立つ?お庭ブログ-北山造園

アクセスカウンタ

zoom RSS サンシュユ(山茱萸) -木の名前の由来 〜庭のサンシュ〜♪はサンショウ

<<   作成日時 : 2009/03/07 13:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

サンシュユ(山茱萸) -木の名前の由来
 cornus officinalis ミズキ科ミズキ属

早春の花木として、梅と同じように庭や生け花などに重宝されるサンシュユ。
黄色い花がとっても綺麗ですよね。
黄金の花と言っても過言ではないかもしれません
そう。このサンシュユの別名は「ハルコガネバナ(春黄金花)」です。

サンシュユの名前の由来は、漢名「山茱萸」の音訳でサンシュユと呼ばれるようになりました。
「茱萸」とはグミのことで、秋にはグミのような赤い実を生らせることから別名は、アキサンゴ(秋珊瑚)とも呼ばれます。

実は食べられますが生で食べてもおいしくありません
庭木としてのポジションですが、もともとは、薬用として渡来してきたので。
漢方薬としては、干したものは強壮薬になるようです。

他にも果実酒として実をつけると、赤い実の色が出て、赤色で時間がたつと飴色になります
機会があれば試してみるのも良いかもしれません。
画像



庭のサンシュ〜♪はサンショウ
そういえば先輩はサンシュの木をみると変な民謡風の「庭のサンシュ〜♪」
とか意味不明の歌を歌っていた記憶があります。

稗搗節(ひえつきぶし)宮崎民謡
これを聞けばあ〜あ〜!ていう人もいるのかも知れません(笑)

がしかし、稗搗節(ひえつきぶし)に出てくる歌詞の「サンシュ」とはミカン科の山椒(サンショウ)のこと。

なぜそうなったのか?
■原因1 
名前が似ていてまぎらわしい。
辞典の牽引でみてもたぶん二つ並んでいるはず。

■原因2
方言がなまってしまって。省略語?
サンシュユ(山茱萸)正式名称はサンシュウで辞典にもこのように書かれています。
が私たちの住んでる所(福岡県)ではサンシュと呼び「ウ」を省略して呼ぶことが多い。
植木屋もほとんど普通にサンシュと呼んでいる。
発音しにくい問題もあるかもしれませんが・・・
ちなみに山椒(サンショウ)はサンショと発音してる人が多いような。

もちろん九州は、宮崎県の民謡なんで、普通に「サンシュ」と発音しても九州人からすれば自然で
私も、地方によってサンシュユの「ユ」を付けるのだと思いこんでいました。

でもそれだけでは、稗搗節(ひえつきぶし)に出てくる歌詞の「サンシュ」はミカン科の山椒(サンショウ)のこととは言えないでしょ。

■理由1
その時代にはなかった木

この宮崎県の民謡の稗搗節(ひえつきぶし)は、壇ノ浦の戦いで宮崎に逃げた平家の姫と逃げた平家を追って宮崎にやって来た源氏の侍の禁じられた恋で、人目を忍ぶ愛を歌ったもの。
サンシュの木に付けた鈴が鳴れば「今日は会える」のサイン
つまり、鎌倉時代
しかし、サンシュユ(山茱萸)の原産地は中国、朝鮮。
日本に伝わって来たのが、享保年間(1720年頃)江戸時代ということ。
山椒(サンショウ)南九州地方の風習は昔から日本にあった木です。

■理由2
南九州地方の風習
山椒(サンショウ)の木に鈴を掛けるのは南九州地方の風習で昔からあり、
神が山椒の木に取付くと言われている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンシュユ(山茱萸) -木の名前の由来 〜庭のサンシュ〜♪はサンショウ 役立つ?お庭ブログ-北山造園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる